WORLD

  •  

WORLD ism -ワールドの逸品-

WORLD Homeへ戻る

mixiチェック
COLUMN WORLD ism vol.04 ワールドのこだわり | “なでしこジャパン”のオフィシャルスーツ

“なでしこジャパン”のオフィシャルスーツ

選手一人ひとりの体型に合わせたアンタイトルのパターンオーダー・スーツ

日本時間の7月18日早朝、FIFAランキング1位のアメリカを破り、世界一に輝いた「なでしこジャパン」。帰国後さまざまなメディアに出演している彼女たちが着用しているオフィシャルスーツは、昨年に引き続いて「アンタイトル」が提供しています。

このオフィシャルスーツは、選手一人ひとりの体型に合わせパターンオーダーで仕立てたもの。ネイビーのストライプのストレッチ素材に、ウォッシャブル加工を施した2つボタンのテーラードジャケットのパンツスーツは、凛とした印象を与えています。センタープレスの入った美脚パンツに、織り柄でストライプを入れた白のストレッチシャツ、サッカーボールをモチーフとしたプリントのスカーフで襟元をあしらったコーディネートで、着心地の良さと動きやすさを目的に開発されています。

なでしこジャパンのスーツ着用写真はこちら

サッカーボールの展開図をアレンジした幾何学模様のスカーフ

採寸後、基本となるパターンデータに数値を入力し、パターンを変形。そのデータはプロッターで型紙(パターン)をカット。数値入力からパターン完成まで実質数分で行われる。

“お直し”での不満を改善したサイズ調整 パーソナル対応で着心地とシルエットを向上

今回、なでしこジャパンのオフィシャルスーツで導入されているパターンオーダーシステムは、ワールドが以前から本格的に研究を進めてきた技術です。
従来のお直しでは着心地やシルエットが崩れるという声もあったのですが、ワールドでは自社のWSS(ワールド・ソーイング・システム)を活用し、パターンオーダーシステムとして全体のバランスを考えたパターンを作成することで、問題点を改善しました。

各選手の採寸を行い、個々の体型に一番近い型紙をベースに、着丈、袖丈、裾丈、ウエストをはじめ、細部にわたりサイズ調整を行い、個々のスーツを仕立てました。特にスポーツ選手は、既存のサイズでは対応が難しいことから、細部を修正。パターンのデータはスーツの素材によっても変わり、細かな計算式はワールドが長期にわたって研究をしてきた独自のものです。

レディスのパターンオーダーシステムとしては、このなでしこジャパンのオフィシャルスーツ以外に、上海万博日本パヴィリオン制服、サッカー国際審判員オフィシャルスーツで特別に展開されました。
今後、クオリティに妥協しない品質を維持したパーソナルオーダーが、ワールドのブランド店舗でも展開される日にご期待ください。

なでしこジャパンのスーツ着用写真はこちら

Text / Tatsuya Noda, Photo / Kosei Umino

UNTITLED | ブランド公式サイト

WORLD ism Indexへ戻る