WORLD

  •  

TOKYO PARALLELS Archive

TOKYOPALLALELS×RUN

"トーキョー"を駆け抜ける人々の様々なスタイルを描くコンテンツメディア

facceboook tweet
茂木健一郎×箭内道彦

茂木健一郎×箭内道彦

箭内道彦

茂木:菊池さんは、2003年にTAKEO KIKUCHIを後継者のデザイナーに引き継いで、2005年には新ブランド40CARATS&525を立ち上げたりと、70歳を超えられた今でも、新しいスタイルを追求し続けていらっしゃいますが、自分の仕事や生き方に対して、世間がちゃんとついてきているかどうか、といった手ごたえは感じますか。

菊池:僕はあまり、世間の目みたいなものを基準にして自分や仕事を見たことがないので、人にどう評価されているかは正直よくわからないですね。生きている間は、前を行く。前を行っていれば、後ろを気にしなくて済む、という感じです。

茂木:なるほど。

菊池:たとえ追い抜かれたとしても、自分が少しでも前に進んでいれば、それでいいと思っています。そのためにも、なるべく周りは見ないようにしていますね。

茂木:ファッションって、その人の生き方が伝わってくるものだと思うんですけど、周りを気にしないという世界観は、かっこいいですね。

菊池:僕自身は周りを気にしていませんが、人から見たらそう見えていない可能性もありますけど、それも気にしていませんね。

茂木:今の人たちを見ていると、周りの評価ばかり気にしているように思います。例えば、「普通に楽しかった」とか「普通にかわいい」といったように、彼らにとっては「普通」であることが大事らしいんですよね。

菊池:そうなんでしょうね。でも、彼らにとっては自分の中の「普通」の存在感って、もっとキラキラするようなすごくいい形に見えているんじゃないですか。

茂木:そう言われればそうですね。でも、菊池さんにとっては「普通」が何であるかなんて気になっていないわけですよね。

菊池:なってませんね。

  • 1
  • 2
  • 3
  • NEXT>
いいね!を押して、茂木さんの最新対談情報をチェック! logo

TAKEO KIKUCHI on facebook

このページを共有する!

Share
pagetopへ

バックナンバー

バックナンバー
#005:菊池武夫

予告

前編

後編

バックナンバー
#004:箭内道彦

予告

前編

後編

バックナンバー
#003:妹島和世

予告

前編

後編

バックナンバー
#002:須藤元気

予告

前編

後編

#001:有森裕子

予告

前編

後編

バックナンバー
#000:茂木健一郎

バックナンバー

アーカイブ
  • 疾走の先に見えたもの
  • 茂木健一郎×菊池武夫
  • 作り手たちの疾走ドキュメント
  • TEAM トーキョーパラレル CASE.04

tips

member

facebook

tweeter

homeへ |茂木健一郎のRunning Brain #005:菊池武夫②

  • 茂木健一郎×菊池武夫
  • 作り手たちの疾走ドキュメント
  • TEAM トーキョーパラレル CASE.04