WORLD

  •  

TOKYO PARALLELS Archive

TOKYOPALLALELS×RUN

"トーキョー"を駆け抜ける人々の様々なスタイルを描くコンテンツメディア

facceboook tweet
茂木健一郎×箭内道彦

茂木健一郎×箭内道彦

箭内道彦

茂木:菊池さんは、日本のメンズファッション界を牽引してきた方でもあるし、80年代のDCブランドブームの火付け役でもありますが、そのときに流行したMEN’S BIGIは、菊池さんがデザインされたブランドですよね。

菊池:はい。1971年にレディス中心のBIGIを始めて、75年にメンズファッションに特化したMEN’S BIGIを設立しました。84年にBIGIからワールドに移って、TAKEO KIKUCHIの名前で、ブランドを立ち上げました。

茂木:TAKEO KIKUCHIもDCブランドブームの中心的存在でしたね。DCブランドブームの頃の日本って、すごく元気でしたよね。あの元気さって何だったんですかね。

菊池:当時の一般的な生活というのは、高層ビルもなければ、車もたくさん走っているわけでもない。洋服も限られていて、多くの人がおしゃれを楽しむようにはなっていなかった。ですから、自分たちがやれることがいくらでもあったんです。やれることがあると、人間って燃えますよね。

茂木:DCブランドブームの頃、僕自身は大学生で服装には無頓着だったのですが、たくさんのブランドが一気に出てきたときの世間が沸いている感じは鮮明に覚えています。

菊池:すごかったですね。服をデザインするという個人でやっていた仕事の範囲が、あっという間に公になりましたから。ブームというよりは社会現象になってましたね。その頃は洋服だけじゃなくて、世の中全体にビートルズとかローリング・ストーンズとか新しいものがどんどん入ってきた記憶がありますね。今は、あまりにも情報が世界中に氾濫してて、自分たちの領域を探すのって大変ですよね。若い人は苦労していると思いますよ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • NEXT>
いいね!を押して、茂木さんの最新対談情報をチェック! logo

TAKEO KIKUCHI on facebook

このページを共有する!

Share
pagetopへ

バックナンバー

バックナンバー
#005:菊池武夫

予告

前編

後編

バックナンバー
#004:箭内道彦

予告

前編

後編

バックナンバー
#003:妹島和世

予告

前編

後編

バックナンバー
#002:須藤元気

予告

前編

後編

#001:有森裕子

予告

前編

後編

バックナンバー
#000:茂木健一郎

バックナンバー

アーカイブ
  • 疾走の先に見えたもの
  • 茂木健一郎×菊池武夫
  • 作り手たちの疾走ドキュメント
  • TEAM トーキョーパラレル CASE.04

tips

member

facebook

tweeter

homeへ |茂木健一郎のRunning Brain #005:菊池武夫①

  • 茂木健一郎×菊池武夫
  • 作り手たちの疾走ドキュメント
  • TEAM トーキョーパラレル CASE.04