WORLD

  •  

TOKYO PARALLELS Archive

TOKYOPALLALELS×RUN

"トーキョー"を駆け抜ける人々の様々なスタイルを描くコンテンツメディア

facceboook tweet
茂木健一郎×箭内道彦

茂木健一郎×箭内道彦

箭内道彦

茂木:箭内さんの最近の活動としては、やはり福島県人バンド「猪苗代湖ズ」の活動が外せないですが、紅白にも出場されましたよね。

箭内:まさか、自分が紅白に出るとは思わなかったです。僕はもともと緊張しいなので今日も緊張しているんですけど、あの日だけは緊張しなかったですね。体だけ誰かに提供して、その人が勝手に演奏しているような感覚で。まるで、自分じゃないみたいでした。本当は、毎日緊張しているんです。

茂木:生きること自体が緊張、ということですか。

箭内:ええ、緊張ですね。そういえば、(対談のテーマである)疾走と緊張って似ていますね。疾走っていう字は、やまいだれに矢なんで張りつめている感じですよね。

茂木:疾走って前のめりになって走りながらも、倒れない状況ですよね。ある意味で、疾走していること自体が生きていることそのものだと思うんです。僕も疾走するタイプなんですが、全く疲れないんです。箭内さんも、そういうタイプじゃないですか。

箭内:割とそうかもしれません。

茂木:僕、最近考えたんですけど、「本来は休むべき日なのに、働いている」と思うとストレスが溜まる。だけど、疾走している状態を受け入れれば平気なんじゃないかと。

箭内:いや、それは本当にそうですね。生きることと働くことが一致したら、もう止まらない。何やってても、働いていることになるし、生きることにもなってるし、実は遊んでることにもなってる。

茂木:極論、仕事と遊びの区別がつかないという状態が、最高の境地ですよね。箭内さんとこうして会ってしゃべっているのも、仕事といえば仕事だけど、最高に面白い遊びといえば遊びですからね。

箭内:でも、あんまり言い過ぎるとマネージャーに「あぁ、(休まなくても)平気なんだ」って思われちゃうから注意ですね(笑)

  • 1
  • 2
  • 3
  • NEXT>
いいね!を押して、茂木さんの最新対談情報をチェック! logo

TAKEO KIKUCHI on facebook

このページを共有する!

Share
pagetopへ

バックナンバー

バックナンバー
#005:菊池武夫

予告

前編

後編

バックナンバー
#004:箭内道彦

予告

前編

後編

バックナンバー
#003:妹島和世

予告

前編

後編

バックナンバー
#002:須藤元気

予告

前編

後編

#001:有森裕子

予告

前編

後編

バックナンバー
#000:茂木健一郎

バックナンバー

アーカイブ
  • 疾走の先に見えたもの
  • 茂木健一郎×菊池武夫
  • 作り手たちの疾走ドキュメント
  • TEAM トーキョーパラレル CASE.04

tips

member

facebook

tweeter

homeへ |茂木健一郎のRunning Brain #004:箭内道彦①

  • 茂木健一郎×菊池武夫
  • 作り手たちの疾走ドキュメント
  • TEAM トーキョーパラレル CASE.04