WORLD

  •  

TOKYO PARALLELS Archive

TOKYOPALLALELS×RUN

"トーキョー"を駆け抜ける人々の様々なスタイルを描くコンテンツメディア

facceboook tweet
茂木健一郎×須藤元気

茂木健一郎×須藤元気

須藤元気

茂木:僕はもともと脳科学のなかでも、クオリア(感覚の持つ質感)や意識が自分の専門なのですが、須藤さんも意識の問題に関心があると伺いました。

須藤:高校生くらいから瞑想に興味があって、数年前ほど前から朝に30分ずつ瞑想しています。

茂木:毎日ですか、すごい!

須藤:でも、どうしても「飽き」は訪れるんです。だから、たまに違うものを取り入れますね。たとえば、座禅の組み方を変えてみたり、阿字観(真言宗の瞑想法)をやってみたり。

茂木:具体的にはどういう瞑想をされているんですか?

須藤:頭の中であれこれ考えることをやめるんです。頭の中で自分自身に語りかけていることを内的対話と呼ぶんですが、その80%がネガティブな言葉だと言われています。それを止めることができれば、人生はうまくいくんじゃないかと思います。

茂木:それって脳科学でも同じような議論があるんですよ。一般的に意識がいろいろなことを生み出すと思われがちですが、何かを生み出すのは無意識なんです。
何かの選択肢を生み出すのも無意識。それに対して意識は、その選択肢を選ばないという、いわば無意識の邪魔をする働きだと言われています。逆に言えば、無意識のダイナミクス(力学的作用)が滑らかに働くほど、良質な創造ができるんですね。


須藤:まさに瞑想も意識をストップさせることです。

茂木:何年も続けられていて、その効果は日々実感しますか?

須藤:毎朝の瞑想の最後に「今日が人生最後の日だと思って、毎分毎秒ベストを尽くす」と声に出して3回必ず唱えているんですよ。アファメーションというのですが、自分を励ます言葉や目標を声に出して言うことで、それが実現しやすくなるというのはあります。人間というのは、今日しか生きられないと思ったら、時間を無駄にしないんじゃないかな。

  • 1
  • 2
  • 3
  • NEXT>
いいね!を押して、茂木さんの最新対談情報をチェック! logo

TAKEO KIKUCHI on facebook

このページを共有する!

Share
pagetopへ

バックナンバー

バックナンバー
#005:菊池武夫

予告

前編

後編

バックナンバー
#004:箭内道彦

予告

前編

後編

バックナンバー
#003:妹島和世

予告

前編

後編

バックナンバー
#002:須藤元気

予告

前編

後編

#001:有森裕子

予告

前編

後編

バックナンバー
#000:茂木健一郎

バックナンバー

アーカイブ
  • 疾走の先に見えたもの
  • 茂木健一郎×菊池武夫
  • 作り手たちの疾走ドキュメント
  • TEAM トーキョーパラレル CASE.04

tips

member

facebook

tweeter

homeへ |茂木健一郎のRunning Brain #002:須藤元気 ②

  • 茂木健一郎×菊池武夫
  • 作り手たちの疾走ドキュメント
  • TEAM トーキョーパラレル CASE.04