WORLD

  •  

TAKEO KIKUCHIのスーツを着こなして、スマートなオトコを目指そう!、スーツを3倍カッコよく着こなせる3つのポイント

スーツ画像

スーツ姿がイマイチ決まらない。この悩みをもつ日本人男性は、かなり多いのではないでしょうか。

だって、日本人は欧米人とは体格が違いすぎるし・・・かと言って筋トレやって鍛えろって言われても・・・と半ばスマートにスーツを着ることを諦めていたあなたに朗報です。

たった、3つのポイントを押さえるだけで、今の3倍スーツはカッコよく着こなせます!

気をつけるのは、以下の3ポイント。

1.猫背を正せ!

日本人は欧米人に比べると、肩が前に出やすい体型です。そう、日本人は猫背になりやすい体型。それでなくとも、猫背は自信が無さそうに見えるし、疲れて見えるし、いい事なしですね。
解消法は簡単です。正しく胸を張って、自信に満ちたカッコよさを演出するだけ。胸を張るときは、肩から後ろに引きましょう。鎖骨を左右に開くように意識すると正しい姿勢が取りやすくなります。

イラスト

2.ヒップラインに注意しろ!

ヒップラインの落ちた後ろ姿・・・まず目につくのが足の短さ。当然ながら、ヒップラインが落ちてる分、実際より足は短く見えてしまいます。完全に損している状況ですね…。
こちらの解消法は、歩き方。足を引きずったり、摺り足のような歩き方は、絶対にNG!歩幅をきちんと取って、かかとから着地、つま先から抜ける。この正しい歩き方ができるとヒップラインが上がって見えます。かつ、習慣づければ実際のヒップラインが上がってきます。

イラスト

3.歪みは大敵!

人間ですから、多少の歪みはあるのは仕方のないこと。でも、歪みすぎると姿勢はどんどん悪くなっていきます。歪みの解消法は、実は意外と厄介。でも、日常生活で気をつけるだけで歪みが解消されることもあります。
例えば、カバンの持ち方。左右交互にこまめに持ち替えてますか?片方ばかりで持たないように気をつけると、歪みはかなり軽減されていきます。あと、意外なのがスマートフォン(携帯電話)。スマートフォン片手に画面を見ながらさっそうと歩く、一見デキるサラリーマン風のこのスタイル、歪みの原因です。試してみてください、身体歪んでますよね。今日から辞めましょう。

イラスト

おまけ

3つのポイントを押さえたあなたは、カッコいい着こなしにグッと近づけたはず。さらにカッコよく着こなしたいあなた、普段の座ってる姿勢も見なおして!
長い時間デスクの前に座っているのは、サラリーマンの宿命。その時間すら、スーツをカッコよく着こなす時間に変えてしまいましょう。

イラスト


TAKEO KIKUCHIスーツへのこだわり

ページトップへ


監修:株式会社スポレッド 倉持江弥

ページトップへ